忍者ブログ
2013年9月と2015年1月にワンコも仲間に加わりました♪
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月にキューバへ行った際にラム酒を買ってきて、
飲もう飲もうと思いながら、あっという間に8ヶ月が過ぎてしまいました。

今年のことは今年のうちに、

というわけで、先日、有志が集まり
『キューバのラム酒を開ける会』を催しました。

でもって、ちょうどG太さんの誕生日が近かったので、
G太さんには内緒でサプライズバースデーもしようということになりました。


よ〜っしゃ、

カンの鋭いG太さんに怪しまれないよう、ついでに
『クリスマス会』をするということにして、
あれこれ準備することにしようじゃないか。(`0´)ノ オウ!



バースデーケーキはクリスマスケーキということにして持ち込んで、

クリスマスの三角帽やサンタの帽子も用意して、

ギターの形をした装飾ライトは食器棚、花束はベランダとそれぞれ隠して、

クラッカーを鳴らす時は、G太さん以外のみんなは
『メリークリスマス!』ではなく『ハッピーバースデー』と叫ぶのだ。


ふふふ、知らぬはG太さんばかりなり。

びっくりするだろうな〜〜〜o(^o^)o ワクワク



そして、

いよいよサプライズの瞬間です。


みんなであたふたケーキなどを用意している部屋に、

G太さんがギターを抱えて


ハッピーバースデー トゥー ミー♪」


と歌いながら入ってきました。(゜ロ゜;)エェッ!?



G太さん曰く、

「あまりにみんなが『挙動不審』すぎてバレバレだった」

とか。


これぞ、逆サプライズ!!!


なんてこった。。。Σ(|||▽||| )



PR
友達の息子(小学五年)が絵付けした作品。


*タイトル『のまわり』

一見『ひまわり』のように見えるこの絵、よく見ると、
ちっこい『の』の字がぐるぐる回っております。

だから、『ひ回り』ではなく『の回り』 だそうです。(^∇^)アハハハハ!


子供って天才だー。
倉敷に行っているG太さんから、
面白い写真が送られてきました。



おおっ、これはひょっとして、
ビクター犬のニッパーくんじゃないですかっ!w( ̄o ̄)w オオー!

なんでも倉敷辺りじゃ有名な『山陽堂』という
骨董品やさんの屋根らしいです。

それにしても妙な光景だ。。。


突然ですが、ここで問題です!

蓄音機の前に座り耳を傾ける
愛らしい姿でお馴染のニッパーくんですが、

Q:いったい何を聴いているのでしょう?(@`▽´@)/ クエッション!



1. 亡くなった飼い主の声

2. メス犬の色っぽい鳴き声

3. 実は音ではなく好物のドッグフードの匂いが流れている


正解は・・・・


1番の『亡くなった飼い主の声』でーーーす!V(○⌒∇⌒○) イエーイ

2番、3番を選んだあなた、残念でしたーーー。



ご存知の方も多いと思いますが、これは実話なんですよ。

兄であった亡き主人の声を懐かしそうに聴き入る
ニッパーのけなげな姿に心を打たれた、弟のイギリス人画家
フランシス・バラウドが一枚の絵に描き残したものが、
その後、ビクターの商標として登録され今に至っているそうです。
ビクター公式HP「ビクターマークの由来」参照)

ちなみに、パラウドが絵に付けたタイトルは
『His Master's Voice(ご主人様の声)』、

世界的に有名なCDショップ『HMV』の名は、
このタイトルの頭文字からとったのだとか。
(Wikipedia『HMV』参照)


亡き飼い主の声を聴いているのだと思いながら、
今一度この絵を眺めると、ニッパーくんの
不思議そうで懐かしそうで寂しそうな・・・
何とも言えない表情がたまりませんね。(T^T)ジーン


こんな絵本『ビクター名犬物語〜ニッパーちゃん』を見つけました。
HP上で読めます。よろしかったら。。。
(10月いっぱいでサイトが閉鎖するようですのでお早めに)
最近読んだ本。

『動物の食から見る現在の食生活へのヒント』(芽生え社)



上野動物園、多摩動物公園の園長を歴任され、
現在、WWFジャパンの理事を務められている
中川志郎さんの著書です。



栄養的には完璧かつ理想的な
人工飼料を与え続けられたゴリラが、

仲間と共にエサを探したり、分け合ったり、
むしったり、割ったりといった

『食べる喜び』

を失ったことで、心のバランスを崩して
ノイローゼになってしまった話を始め、

動物の本能である『食』に関する行動を通して、
現代人が抱える様々な問題を取り上げています。



中でも、とくに興味深かったのは、

物言わぬ木々が、自分の葉を採食する動物に対して、
葉の中に、苦み成分であるタンニンを増量させ
採食の許容量を知らせる話。

最初は美味しかった葉が、
食べているうちに苦く変化したら、それは

『もうそのぐらいにしておいてね』

という木から動物へのメッセージ。。。

それを感じた動物はそれ以上食べるのを止め、
別の木に移るというのです。



なんて素敵な話しでしょう。

こうして、すべての命は共存共生しているのですね。



それに比べると、人間がしてきた、そして
していることっていったい。。。


人間は、様々な命(食や自然)との関わりを、
見つめなおし、感謝し、考え直す時期に来ているのかもしれません。





読み終えて、

『今ならまだ間に合う』

著者がそう言っているように感じました。



..............................................................................
飼育二年目を迎え、HP『ギリシャリクガメ-無有的日常』
加筆修正、更新しました。

1946年から58年まで、アメリカは、
太平洋に浮かぶマーシャル諸島(現マーシャル諸島共和国)の
ビキニとエニウェクト環礁で67回の原水爆実験を行いました。

この結果、爆心地に近い3つの島が吹き飛んで消滅、
20世紀最大にして最悪の環境汚染を引き起こしました。

1954年3月1日、ビキニ環礁で行われた「ブラボー」という
広島、長崎の1000倍もの破壊力をもった水爆実験により、
爆心地から160キロの位置で操業中だった
日本のマグロ漁船『第五福竜丸』が被爆、犠牲者も出ました。

他にも1000隻近い漁船が被爆したとされています。

また、爆心地から180キロに位置するロンゲラップ島をはじめ、4島の住民は、
核実験が行われることすら知らされないまま、死の灰を浴びました。

島の子供たちはみな、空から舞い落ちる白い粉が珍しく、
身体にかけて遊んでいたといいます。

被爆後、島民たちは島を追われ、今も後遺症に苦しんでいます。

汚染された島は、いまだに放射能が高濃度で残存し、
人が住める環境ではありません。




先日、あるテレビ番組でビキニ環礁の映像が流れていました。

原水爆実験から半世紀を経て、死滅したはずのその海は、
どこまでも透き通るように美しく、立派な珊瑚群に覆われていました。
(ただし、42種の珊瑚は未だ回復しておらず、
 そのうち28種は完全に絶滅したと考えられています)

皮肉にも、放射能汚染により人間がその地域に一切立ち入らなかったことが、
美しく豊かな海を蘇らせたのです。

爆破により沈められた戦艦は朽ち、たくさんの魚の住処となって、
静かにその身を海底に横たえていました。

人間が作り上げた愚かなる戦争の遺物をもその懐に優しく抱き、
無数の命を育む大いなる海に、
いつの場合も、諸悪の根源は人間なのだと思い知らされたようで、

ふと、あの話(『たったひとつの願い』)が頭をよぎりました。
コーヒー豆を買いに立ち寄った近所のショッピングモールで、
駄菓子屋さんをみつけました。


駄菓子屋さんもずいぶんハイカラになったもんだ。(^∇^)


私が子供の頃の駄菓子屋さんといったら、
狭くてちょっと薄暗い感じで、
たいてい、おばあちゃんかおじいちゃんが店番してた。

くじを引く横で目を光らせてたり、
あられを量り売りしてくれたり。

そうそう、冬になるとおでん、
夏になるとかき氷なんかも売ってたっけ。

ちなみに、私の故郷名古屋は、知る人ぞ知る、
駄菓子文化日本一の街なんですよ。

  *名古屋駄菓子ものがたり→http://www.aichima.net/nazo/01_dagashi/index.html


今度駄菓子屋さんに行くことがあったら、
駄菓子の製造元を見てみてください。

名古屋(愛知県)がとっても多いから。


ハイカラなお店の中には、
なつかしい駄菓子がいっぱい並んでいました。

ふがし、糸ひき飴、鯛あられ・・・
あ、この串に刺したカステラ好きだった。

おおっ、ヨーグルだっ!

これ木べらでほじってよく食べたなぁ。

子供の頃は、これがヨーグルトだと信じていたわ。
今となっては相当怪しい感じだけど。。。(;¬_¬)


きゃぁ、クッピーラムネ♪



これだーい好き、買っちゃお。

ところが、

10個つながっていたので、バイト風のお兄さんに
「ひとつほしいんですけど・・」と言うと、
「バラ売りはしていないんです」とのこと。。。('ε') フーン


てなわけで、

生まれて初めての

クッピーラムネ大人買い!!!どーーーん!!!


*家に帰るまでに3つ食べてしまった。。。


一列(10個)買っても105円!
驚きの安さです。

ああ、それでも、

おつかいのお手伝いをしてもらった
お駄賃の10円玉を握りしめ、
駄菓子屋さんに走った幼いあの日・・・

小さな小さなラムネを
一粒一粒
大事に大事に口に運んだ

幼いあの日の私に、

将来、クッピーラムネを一列買う自分の姿が、
想像できたでしょうか。。。(ノ^T)ウック



大人になって・・・

よかったーーーーーーーー!!!
山本高広風でお願いします)


*夢は『クッピーラムネでたすきがけ』
中国製の冷凍ギョーザ食中毒事件には
驚きました。

農薬(殺虫剤)混入の疑いが濃厚らしいですが、
食卓に上るものだけに、恐ろしいことです。

また、同じ工場で生産された冷凍食品が、
学校給食にも使用されていたとか。


日本の食料自給率は、
わずか39%(平成18年度)と、
世界でも最低です。

 ・オーストラリア237%
 ・アメリカ128%
 ・フランス122%
 ・ドイツ84%
 ・イギリス70%
  (2003年度)


近い将来確実にやって来るであろう(いえ、もう始まっているのかも)
世界食糧難の時代に、

子供達に食べさせる給食までも、
輸入に頼っている日本の現状・・・。

将来、国を担う大切な子供達に、
日本で採れた日本の食べ物を供給することも、
大事な『食育』だと思うのですが。。。

国産は高くつくと言うのなら、
余計なことに無駄な税金を使わず、
そういうところにこそ、十分な予算を組み、
改善すべきじゃないでしょうか。


国民の食料さえ、
自国でまかなえない国っていったい。。。

登場カメ

名前:無有(ムー)
由来:『無から有へ』
種類:リビア地中海リクガメ
好物:みかん、野草
家族:G太、Sちえ、
家族:ちゃー、だい、ちい
趣味:段差クライミング

無有さまより一言
「カメに習うべし!さすれば救われる」

☆'08/6/29 UP!
◆ギリシャリクガメ-無有的日常- 野草、飼育環境等紹介
☆'08/6/17 UP!
◆無有さま日和
フォトアルバム&動画



AQUA LIFE 2008年11月号
『愛好家訪問〜リクガメとの生活』に
紹介されています。


我が家のカメバイブル
でも大切なのは、毎日の観察
と早期受診です。



カメの家庭医学/小家山仁


リクガメの飼い方/吉田誠
(無有が紹介されてます♪)



幸せなリクガメの育て方/田向健一
(無有が紹介されてます♪)



リクガメ大百科/小家山仁


リクガメが100%喜ぶ飼い方遊ばせ方/
ミニペット倶楽部著

ブログ内検索
登場ネコ&ワンコ

名前:chacha /愛称ちゃー
タイ語で「のんびり」の意味
種類:茶トラ短毛(♂)
性格:優しくてしっかり者
好物:煮干し、ビニール袋



名前:daidai /愛称だい
タイ語で「オッケー」の意味
種類:茶白長毛(♂)
性格:物怖じしない天然系
好物:生肉全般、ひも



名前:titi /愛称ちい
仏語で「腕白小僧」の意味
種類:茶トラ白足袋中毛(♂)
性格:甘えん坊でシャイ
好物:鶏ささみ、ゴム



名前:にこ(笑子)
会う人を笑顔にするから
種類:トイプードル(♀)
性格:愛嬌良しの傍若無犬
好物:猫フード、猫にちょっかい出すこと



名前:ふく(福)
福がくるように
種類:トイプードル(♂)
性格:無邪気で空気読まず
好物:食べ物全般、にこにちょっかい出すこと

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
いつでも里親募集中

ペットのおうち









プロフィール
HN:
Sちえ
HP:
性別:
非公開
職業:
カメと猫の下僕
自己紹介:
生き物大好き♪お酒大好き♪ 好きな言葉『和気致祥』。
ご意見、ご質問、ご感想、リンクのご希望等はメールにてお願いします。

バーコード
Copyright ©   無有的日常   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]