忍者ブログ
2013年9月と2015年1月にワンコも仲間に加わりました♪
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

といっても、

土手のことでも、

ドテッ(ノ_ _)ノ

のことでもございません。


名古屋人のソウルフードとも言える
『モツの赤味噌煮込み』のことでございます。


大阪にも、『どて焼き』という似たお料理があるそうですが、
名古屋では『どて煮』と言います。

たいていは「煮」を省略して「どて」と呼ばれていますが。

また、大阪の『どて焼き』は牛筋を白、もしくは合わせ味噌で煮るようですが、
名古屋の『どて』は、牛筋だけじゃなく豚ホルモンなども入れます。

味噌は絶対的にです。

名古屋人にとって、

赤味噌を使っていない『どて』は『どて』にあらず!

と言っても過言ではありません。(`◇´)/ きっぱり



コトコト弱火で煮込んだ『どて』は、子供も大人も喜ぶ究極のスローフードであり、
お酒のお供にもピッタリです。

さくっとご紹介しますので、よろしければ作ってみて下さい。

ちなみに、今回使った土鍋は9号サイズ、
調味料の分量は、味見しながら目分量で作っているのではっきりわかりません。
すみません。。。(^▽^;)



【材料】

牛筋、下処理済豚ホルモン(生より処理済みのものがおすすめです)、
こんにゃく、大根、卵、
しょうが、にんにく、ネギの葉の部分、赤味噌、砂糖、酒、みりん、赤ワイン、醤油



一口大に切った牛筋、下処理済みの豚ホルモンは、それぞれ、
水とお酒を沸かした鍋で2〜3分煮てから茹でこぼし、丁寧に水洗いします。

けっこうな灰汁が出る(あ、臭いもけっこうすごいです)ので、
私はこれを二度繰り返します。
ここで、下処理をしっかりしておけば臭みが残りません。

ザルにあけて水気を切っておきます。

下茹でしたこんにゃくは、手で一口大にちぎり、
大根も大きめの一口大に切ります。

 人参やごぼう、焼き豆腐などを入れることもあるようですが、
 野菜の味噌煮?みたくなってしまうので、我が家はモツとこんにゃくが基本、
 入れたとしても崩れにくい大根だけで煮込みます。




大きめの鍋に、モツ、大根、こんにゃくを入れたら、
ショウガの薄切り、包丁でつぶしたニンニク一片、
ネギの青い葉の部分(今回は葉がなかったので芯の部分を入れました)、
ちょいと多めのお酒と、あれば赤ワイン(各150ccぐらいかなぁ)を入れ、
水をひたひたに注ぎ火にかけます。

沸騰したら灰汁をとり、蓋をして弱火にし、最低2時間ぐらい煮ます。

大事なのは、煮込んでいる最中も、こまめに灰汁をとること!
灰汁をせっせととることで、モツの臭みが取り除かれます。
もし、水が少なくなってきたら適宜足しましょう。



大根が透き通っていい頃具合になったら、砂糖、みりん(100ccぐらいかなぁ)、
醤油(生臭さを消す作用がある)をさっとひと回しし、いよいよ、赤味噌投入です。

 お味噌はかなり思い切った量(お味噌汁の何倍もの濃さ)を使います。
 お高いものを使うと、庶民の味のはずが『超高級どて』になってしまうのでご注意下さい。
 ちなみに、写真の味噌は一キロで300円位です。


味噌の量ですが、5〜6カップの水分に対してお玉に2すくい半ほど
(400グラムぐらいかなあ)、
砂糖は、味噌のおよそ半量ほどが目安です。

我が家は甘さ控えめなので、実際の砂糖の量はもうちょっと少ないかもしれません。
どて自体が、大鍋で作るかなりアバウトな料理なので、
味見しながらお好みの量を入れて下さい。

味噌は、こし器があればこしながら、なければ別鍋にゆで汁をとって、
あらかじめ溶かしたほうがいいです。

ここで、お好みでゆで卵も加えます。



煮汁にとろみがつくまで、再びコトコト(1時間位)煮込んで出来上がりですが、
できれば、半日から翌日ぐらいまで休ませたほうがいいです。

出来立てより時間が経ったほうが、味が馴染んで美味しいのです。

お店のどてなんぞは、毎日煮込み、うなぎのたれよろしく
継ぎ足し継ぎ足しして作っているそうです。

休ませたどては、焦げつかせないように(味噌が焦げると風味が悪くなる)
気をつけながら、弱火で再び30分〜1時間ほど煮つめます。

汁がトロリと黒っぽくなればオッケーです。


*翌日のどて(食べたあとの写真なので中身が減っていますが・・・)


ネギをたっぷりのせ、お好みで唐辛子をふれば。。。


*名古屋では葉ネギをどさっとのせますが、家になかったのでしらがネギとアサツキ。

ビール、日本酒、焼酎、泡盛、赤ワイン、
なんでもこ〜〜〜いっ!!〜(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!



そして、飲んだあとのシメは、

ちょっとお行儀悪いですけど、どてを食べた終わった器にご飯を盛り、
さらに上からどてをのせた、


*『どて飯』だがや!

これがまた、どえらいうみゃぁでいかんがや〜〜〜ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ


味噌だれは、串カツやトンカツにかけて味噌カツにしたり、
豆腐やコンニャクにかけて田楽にしても楽しめますよ♪
PR
G太さんと無有にお留守番を頼んで、
19日から実家の名古屋に帰っていました。

実家の仕事を手伝うための打ち合わせ
というのが今回の帰省の目的なのですが、

もう一つというか、実質メインの楽しみは、

なんといっても名古屋飯!!!




*1日目ランチ『ドン・キホーテのあんかけスパゲティ』

あ、ドン・キホーテといっても、
ディスカウントストアじゃありませんよ、喫茶店です。

名古屋の喫茶店はファミレス化しているところも多く、
メニューも豊富です。

写真じゃわかりにくいですが、オーダーしたのは
ベーコン、ソーセージトッピングの『ミラネーゼ』。
こちらでは、ランチタイムに限り1.2倍盛りも1.5倍盛りも並の値段で食べられます。

給食のソフト麺を思い出させるような太めのスパゲティに
胡椒の利いたあん、ハンバーグ、ハムやウインナー、ピカタといったトッピング、

あんかけスパは、まさに、名古屋B級グルメの代表格ですな。



そして、二日目ランチ『錦城の担々麺』


*食べ始めてから写真を撮ったので、見た目がわるいですが・・・。

こちらの店主は、陳建民さんのお弟子さんだそうです。
とうぜん、四川料理なのでピリ辛です。

麺は細め、スープはゴマがよく利いていますがクドくはないです。

ランチに担々麺を頼むと、麻婆豆腐(セルフサービス)と
ご飯が(おひつで!)ついてきます。

この麻婆豆腐がまた辛くてウマい♪



そして三日目のランチは『かとうの味噌煮込みうどん』


*土鍋が欠けているのもご愛嬌?

チェーン店でも有名店でもない、近所の小さなうどん屋さんですが、
ここの味噌煮込みが好きで時々食べに行きます。

名古屋の味噌煮込みといえば『山◯屋本店』と『山◯屋総本家』が有名ですが、
私の知っている限り、私の周囲の名古屋人であそこへ通っている人はいません。

理由は簡単、
「だって、めちゃんこ高いがや」

かとうで『味噌煮込みうどんセット』(親子煮込みうどん、漬け物、ご飯)は¥1000、
(以前は¥900だったのに今回行ったら¥1000になっていた。(●`ε´●)ぷっぷくぷ〜)

同じようなものを頼むと、『山◯屋本店』なら倍、
『山◯屋総本家』だと3倍ぐらいします。

なわけで、お客さんでも連れて行かない限り、
普段は近場でお値打ちな味噌煮込みを食べます。



そして、帰り日の今日は、テレビ番組『いきなり黄金伝説』でも紹介された
刈谷ハイウェイオアシスに寄って


*『横綱ラーメン』いただきましたー♪

なんでも本店は京都らしいです。

細麺あっさり系の醤油豚骨、
実は私は豚骨醤油が特に好きじゃないのですが、
ここのはスルスルッと食べられます。

ニンニク唐辛子を多めに入れ、スープを真っ赤?にして
食べるのもまた美味しいです。

でもって、『ウァンの豚まん』も食べちゃった。ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ


このボリユームで¥180!(写真/ウァンHPより)


短期間にディープな名古屋B級グルメを満喫。

これで、体重が増えていなければ
最高に幸せな3日間でございました。
(明日からダイエットしよっと・・・( ̄(∞) ̄) ブヒィ~)
今週は、久しぶりに同級生が集まるため、
実家の名古屋へ帰っておりました。

最近では、冠婚葬祭のため、
G太さんと日帰り、もしくは、せいぜい一泊で
慌ただしく行って戻ってくるばかりで、

こんなふうに、一人だけで
数日間帰ったのは、何年ぶりだろう。


故郷って不思議だなぁ。

実家・・・

同級生・・・

いつ戻っても、いつ会っても、

いつも同じ空気が流れてる。



なんにも心配いらないよ。。。

いつでも帰っておいで。。。

私を取り巻く全てが、
そう言ってくれているような気がして、安心する。



名古屋飯でパワーチャージもした。

よーし、

また、頑張れるぞ。



*赤味噌のモツ煮♪



*名古屋風手羽先♪



味仙の台湾ラーメン♪




登場カメ

名前:無有(ムー)
由来:『無から有へ』
種類:リビア地中海リクガメ
好物:みかん、野草
家族:G太、Sちえ、
家族:ちゃー、だい、ちい
趣味:段差クライミング

無有さまより一言
「カメに習うべし!さすれば救われる」

☆'08/6/29 UP!
◆ギリシャリクガメ-無有的日常- 野草、飼育環境等紹介
☆'08/6/17 UP!
◆無有さま日和
フォトアルバム&動画



AQUA LIFE 2008年11月号
『愛好家訪問〜リクガメとの生活』に
紹介されています。


我が家のカメバイブル
でも大切なのは、毎日の観察
と早期受診です。



カメの家庭医学/小家山仁


リクガメの飼い方/吉田誠
(無有が紹介されてます♪)



幸せなリクガメの育て方/田向健一
(無有が紹介されてます♪)



リクガメ大百科/小家山仁


リクガメが100%喜ぶ飼い方遊ばせ方/
ミニペット倶楽部著

ブログ内検索
登場ネコ&ワンコ

名前:chacha /愛称ちゃー
タイ語で「のんびり」の意味
種類:茶トラ短毛(♂)
性格:優しくてしっかり者
好物:煮干し、ビニール袋



名前:daidai /愛称だい
タイ語で「オッケー」の意味
種類:茶白長毛(♂)
性格:物怖じしない天然系
好物:生肉全般、ひも



名前:titi /愛称ちい
仏語で「腕白小僧」の意味
種類:茶トラ白足袋中毛(♂)
性格:甘えん坊でシャイ
好物:鶏ささみ、ゴム



名前:にこ(笑子)
会う人を笑顔にするから
種類:トイプードル(♀)
性格:愛嬌良しの傍若無犬
好物:猫フード、猫にちょっかい出すこと



名前:ふく(福)
福がくるように
種類:トイプードル(♂)
性格:無邪気で空気読まず
好物:食べ物全般、にこにちょっかい出すこと

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
いつでも里親募集中

ペットのおうち









プロフィール
HN:
Sちえ
HP:
性別:
非公開
職業:
カメと猫の下僕
自己紹介:
生き物大好き♪お酒大好き♪ 好きな言葉『和気致祥』。
ご意見、ご質問、ご感想、リンクのご希望等はメールにてお願いします。

バーコード
Copyright ©   無有的日常   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]