忍者ブログ
2013年9月と2015年1月にワンコも仲間に加わりました♪
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴールデンレトリバー二匹の
里親さんを探しています。

飼い主さんがご病気のため飼育が困難になり、
手放さなくてはならなくなりました。

飼い主さんに残された時間があまりありません。

ご自分で引き取るのは難しくても、
周囲にお声をかけていただければ有り難いです。


健康状態良好。
おっとりとした人懐っこい良い子達です。



☆ジャンボ
 2006年1月16日生




☆ライス
2005年7月1日生
2006年11月24日INT,CH
(インターナショナルドッグショーチャンピオン)



名古屋市内在住です。

飼い主さんがご病気のため、名古屋まで
会いにきていただける方が条件となります。

連絡先:当ブログ右側『プロフィール』よりメールください。

どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m





PR
寒中お見舞い申し上げます。

厳しい寒さが続いておりますが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

喪中のため年末年始のご挨拶は
差し控えさせていただきました。



同居人は元日早々体調を崩し、
正月休暇中うだうだしておりましたが、
もうこれは毎年の恒例行事みたいなものなので、
特筆すべき事柄でもなく、

私と無有と猫ズとにこは、
心穏やかなお正月を迎えました。






*だいちゃん、なんで挟まってるの?(^-^;)

 




無有は今年で満9歳、
相変わらずのピロシキサイズですが、
おかげさまで病気知らず、
ヘルシー&ピースフルな毎日を過ごしています。

猫ズは満5歳を迎えます。
そろそろ腎臓病に注意しなくては
いけない年齢にさしかかってきました。

にこは7月で満2歳、
立派な成犬ですが体重は二キロちょっと。
そのため、いまだに子犬と間違われます。

考えてみれば、我が家には
極端に小さなリクガメ&犬と
極端に大きな猫ズが同居しているのね ( ̄▽ ̄)


そうそう、にこに年下のボーイフレンドができました♪


*福くん(生後6ヶ月半)。


笑(にこ)と福(ふく)とで

『笑う門には福来る』です(⌒-⌒)


皆様にとって2015年が
笑顔と幸福に満ちたものでありますように。。。




本年もどうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m







今回の宿は『湯宿せきや』さん。

全8室、温泉掛け流しの露天風呂が付いた
趣のある和風旅館です。




渡り廊下



中庭



読書室



私達は二階のこのお部屋で、
二泊三日お世話になります。







室内は12畳の和室とベッドルーム。
窓が大きくとってあり部屋からの眺めがとても良いです。








お風呂と部屋を繋ぐ広々としたテラス
 


源泉掛け流しの部屋付き露天風呂



もうこの開放感抜群のお風呂が気持ち良いのなんのって。

部屋にいる間は、お風呂→マッサージチェア→ごろ寝
をひたすら繰り返しておりました。

食事もとっても美味しかったです♪



















夜、食事後にバーでワンドリンクサービスがあると聞き
行ってみました。

 


夜の館内や中庭も素敵です。







ウィスキーのロックを頂いてご満悦の同居人
 
 

実は、日頃の疲れがどっと出たのか、
初日は肩こりと頭痛がひどく、
仲居さんにはお薬を幾つか持ってきてもらったりと
お世話かけました。

おかげさまで、お風呂に入ってマッサージチェアして
ぐっすり寝たら体調も回復。

館内も部屋も清潔でお風呂も大変気持ちよく、
久しぶりにのんびりできました。

今度は雪の時期に泊りたいな。





地獄谷野猿公苑(3)に続く。。。。


地獄谷野猿公苑(1)

先月、長野県は地獄谷野猿公苑まで
温泉に浸かるお猿さんを見に行ってまいりました。

本当は雪見風呂を楽しむお猿さんを
写真に収めたかったのですが、

石橋を叩いても渡らないタイプの同居人が、
冬期は駐車場も閉鎖するため、お猿さんが浸かる温泉まで
雪深い林道を30分かけて歩くしかないような
山奥にいきなり行くのは不安だと申しまして断念 (;^_^



旅行初日、宿に向かう前に
なにはともあれ目的の野猿公苑に直行。

私達が訪ねた11月の中旬はまだ駐車場が使えたので、
車を止めてこの先は歩きます。



係員の方に聞くと約15分だそうな。

 
歩き出してすぐに何かしらの獣の糞を発見!(ノ゚д゚)ノ オオォォー!!


 
*糞を見つけて一気にテンションの上がる同居人



*天然記念物 渋の地獄谷噴泉

長野の公式観光ウェブサイトによれば、
高さ20mまで熱泉が吹き上がるそうですが、
私達が行った時はモクモクと湯気が上がっているだけでした。

噴泉近くに入り口の看板発見。



俄然楽しみになってきたぁああああ(○≧▽≦○)

でも愛しいお猿さんに会うには、
この階段を上って行かなければなりませぬ





だいぶ上がってきましたよ〜〜〜 ε~( ̄、 ̄;)ゞフー


おや、なんだか威厳のあるお猿さんがこっちを見てる。
ここはとりあえず敬意を表しておこう。

今日は見学よろしくお願いしますm(_ _)m


「うむ、くるしゅうない」


 
「温泉はこの先じゃ」


と言ったか言わないかはさておき、
この橋を渡れば、いよいよ目指すお猿さんの温泉です。

 




橋の途中にいた小猿さん。



可愛い♪



そして。。。。。


きゃああああ、ホントに入ってる〜〜〜(*T▽T*)♪







小猿も何匹か入ってました。
ちっちゃな体で湯冷めして風邪引かないのかしら。。。


   

昔の銭湯にはこういうおじさん必ずいたような気がする。
お湯が熱いからとお水入れると怒られたりしてね (;^_^


 

極楽だねぇ(* ̄ー ̄*)




おかーしゃん、寝ちゃったの?




アベノミクスってなんだ?

わかんね、うまいのかそれ?




お湯に浸かりながらおっぱいを飲む赤ちゃん猿




お母さん猿の隣でふざけ合うのは兄弟ザルかな?


 

お、おい大丈夫か?のぼせてるんじゃないの?



野猿公苑、想像以上に楽しくて、体が冷えるのも忘れて
写真撮りまくってしまった。

そろそろ閉園時間だし、私達も温泉に浸かって
温まりたくなってきたので、今日のところはこのへんで退散。

宿に向かいます。


地獄谷野猿公園(2)〜旅館編 に続く。。。



*地獄谷野猿公苑のお猿さんの写真を
 もっとご覧になりたい方はこちらまで↓

Snow Monkeys
二日目は宿から野猿公苑まで歩いて行ってみました。

徒歩約30分。

途中、木立の中に不動尊がありました。







お不動様を通り越して緩やかな坂道をしばらく登ると
野猿公苑の入り口が見えてきました。




ゲートをくぐり抜け、熊でも出そうな
木深い林道をひたすら歩きます。



こりゃ雪が積もったら大変かも。。。(~ヘ~;)

 
そして、、、

うほほ〜い、今日も大勢入ってらっしゃいますよ〜。



今日は昨日より寒くて風が強いせいか、
いい感じで湯気が上がってます。


 

 





三時になるとエサが撒かれます。


*一心不乱にエサをついばむお猿さん達


お風呂に浸かっていたお猿さんも、
この時ばかりはお湯から上がってエサを食べますが、

下半身がびっしょびしょ。

寒くないのかしら。。。






 
体の小さな小猿が体を濡らしていると、
湯冷めして風邪引くんじゃないかと心配になりますが、

係員の方に尋ねると、野生の猿は毛に油分が多いうえに
空気を含んでいるため、濡れてもすぐに乾くそうです。

そして、代々温泉に入る家系と入らない家系があるとか。

お風呂好きの親猿の子供はお風呂好きに育ち、
自分が親になった時に、またその子供を連れて
お風呂に入りにくるけれど、

お風呂嫌いの親猿の子は、
お風呂に入る習慣がないまま育つらしいです。

そういえば、お風呂の縁に座って
羨ましそうに?温泉に浸かる仲間を眺めている
猿も何匹かいました。



なんか気持ち良さそうだなぁ




おかーしゃんが入っちゃダメっていうから、
お湯加減だけみてるの。



ここのお猿さん達は日光と違って管理がしっかりしており、
いたずらに人間の食べ物を与えられていないので、
人間を襲ったり持ち物を奪ったりすることはありません。

平気で足下をすり抜けて行ったり、
すぐ隣でエサを食べたりします。

 


ゆえに、けっこう近くで写真も撮らせてもらえます。

今回の旅、こんなに近くで野生のお猿さんを
見られるとは大感激でした。



さーて、そろそろ帰らなくちゃ。

お家で猫三匹とリクガメが待ってるし、
お泊りに出してる犬も迎えに行かなくちゃいけないし。



帰り道、行きに渡ってきた橋を戻る途中、
昨日、主のような大猿に挨拶した場所の
ちょうど反対側に、

今度はまだ幼さの残る猿が座り、
私達を見送って?くれました。




また来るね、元気でね ヽ(´ω`○)バィバィ



*地獄谷野猿公苑のお猿さんの写真を
 もっとご覧になりたい方はこちらまで↓

Snow Monkeys



地獄谷野猿公苑(1)

地獄谷野猿公苑(2)〜旅館編
にこは生家で猫と一緒に飼われていたため
猫に対する警戒心はゼロで、

我が家に来てからも、自分よりはるかに体の大きい
猫ズに対して、遊ぼうよオーラをバンバン発しながら
平気で近づくのですが、

猫ズにとっては、子犬特有の高いテンションが
若干(いや、かなりか^_^; )迷惑&理解不能。

たいていは、軽く猫パンチを食らわせて追い返すか、
その場からぷいと居なくなるのがオチでした。

でも、決してめげないのがにこの良いところ。

今日も今日とて、昼寝しているちゃーの隣に
ガムを持ち込んで、ガシガシガシガシ
噛みまくっております。



にこちゃんや、なんでわざわざそこなの?
また、怒られるよ(⌒-⌒;)


ところが、今までだと鬱陶しがって
さっさとその場から離れていたちゃーが、
今日は意に介さずぐーぐー寝てる(・・?))アレ

よほど眠いのか?

しばらくすると、ちゃーの隣にだいもやってきた。



猫ズはぐーぐー、にこはガシガシ。。。


にこが我が家にきて一年と二ヶ月、

ちょっとずつちょっとずつ、
猫ズとの距離が狭まっているようです(⌒-⌒)♪


♪今日は怒られないワン









我が家の愛犬愛猫がお世話になっている
動物病院主催のハロウィンパーティーが今年も催され、
昨年に引き続き我が愛犬のにこも参加させていただきました。

*昨年の様子はこちら→『にことハロウィンパーティー』

昨年は、てっきり参加者全員が仮装しなくちゃいけないもの
と勘違いして、飼い主の私も頭に角を生やして挑みましたが、
(結局、仮装してきた飼い主は私を含めて二人だけだった…汗)

今年はにこだけ。



ハロウィン仕様のリボンとケープでございます。


前のページ      次のページ
登場カメ

名前:無有(ムー)
由来:『無から有へ』
種類:リビア地中海リクガメ
好物:みかん、野草
家族:G太、Sちえ、
家族:ちゃー、だい、ちい
趣味:段差クライミング

無有さまより一言
「カメに習うべし!さすれば救われる」

☆'08/6/29 UP!
◆ギリシャリクガメ-無有的日常- 野草、飼育環境等紹介
☆'08/6/17 UP!
◆無有さま日和
フォトアルバム&動画



AQUA LIFE 2008年11月号
『愛好家訪問〜リクガメとの生活』に
紹介されています。


我が家のカメバイブル
でも大切なのは、毎日の観察
と早期受診です。



カメの家庭医学/小家山仁


リクガメの飼い方/吉田誠
(無有が紹介されてます♪)



幸せなリクガメの育て方/田向健一
(無有が紹介されてます♪)



リクガメ大百科/小家山仁


リクガメが100%喜ぶ飼い方遊ばせ方/
ミニペット倶楽部著

ブログ内検索
登場ネコ&ワンコ

名前:chacha /愛称ちゃー
タイ語で「のんびり」の意味
種類:茶トラ短毛(♂)
性格:優しくてしっかり者
好物:煮干し、ビニール袋



名前:daidai /愛称だい
タイ語で「オッケー」の意味
種類:茶白長毛(♂)
性格:物怖じしない天然系
好物:生肉全般、ひも



名前:titi /愛称ちい
仏語で「腕白小僧」の意味
種類:茶トラ白足袋中毛(♂)
性格:甘えん坊でシャイ
好物:鶏ささみ、ゴム



名前:にこ(笑子)
会う人を笑顔にするから
種類:トイプードル(♀)
性格:愛嬌良しの傍若無犬
好物:猫フード、猫にちょっかい出すこと



名前:ふく(福)
福がくるように
種類:トイプードル(♂)
性格:無邪気で空気読まず
好物:食べ物全般、にこにちょっかい出すこと

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
いつでも里親募集中

ペットのおうち









プロフィール
HN:
Sちえ
HP:
性別:
非公開
職業:
カメと猫の下僕
自己紹介:
生き物大好き♪お酒大好き♪ 好きな言葉『和気致祥』。
ご意見、ご質問、ご感想、リンクのご希望等はメールにてお願いします。

バーコード
Copyright ©   無有的日常   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]