忍者ブログ
2013年9月と2015年1月にワンコも仲間に加わりました♪
[1] [2] [3] [4] [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自民党議員の河野太郎氏のブログを時々覗いています。

最初に断っておきますが、支援しているとか、ファンとか、
知り合いとか、そういうことは一切ございません。

むしろ、あまり好きじゃないぐらいでしたが、
震災、そして、原発事故の後、自分の責任において、
自分の言葉で語らなくなってしまった政治家の中で、

少なくとも、私自身が疑問に思うことや知りたいことを、率直に語り、
公表しているような気がするので、最近、注目している次第です。


・自民党議員の河野太郎氏のブログ『ごまめの歯ぎしり』
【5/4付『東電で倒閣』】
http://www.taro.org/2011/05/post-995.php
【5/5付『幻のエネ庁案』】
http://www.taro.org/2011/05/post-996.php

これが事実ならば、巷でまことしやかに流れていた、
計画停電の『東電陰謀説』が、まんざら根も葉もないデマじゃなかった
と思われても致し方ないのではないでしょうか。
   
  ※東電陰謀説:
    電力は供給可能なのに、自分たちの既得利益を守るため
    「原発が止まったらこんなに困るんだ」という危機感を国民に抱かせ、
    反原発の動きを押さえ込もうとした…云々



東電は、本来ならば原発に固執することなく、
代替エネルギーとなるもの全てを見直し、
総力を挙げて一日でも早く電力供給を復旧させるべきところ、

企業努力を怠り、顧客である国民に対して、
安易に大いなる不便と負担を強要しました。

そして、計画停電に伴う混乱が大きくなり、世論が厳しくなると、
世間や報道に後押しされるような形で、電力供給量の見通しを
当初の4650万キロワットから5200万キロワットに上方修正しました。

・NEWSポストセブン
【雑誌の「夏の電力充分」報道で政府の電力供給見通し方向転換】
http://www.news-postseven.com/archives/20110425_18482.html
【東電・エネ庁の電力供給量過少申告は「原発利権」温存のため】
http://www.news-postseven.com/archives/20110425_18490.html

・週刊ダイヤモンド
【東電がようやく認めた“隠し玉”
揚水発電で夏の電力不足解消へ】
http://diamond.jp/articles/-/12036

陰謀説はともかくとしても、なにやら生臭く策略めいたものを感じます。



さらに、今この事態においても、

『東電が夏の大停電に対する社会の懸念を利用して、
「東電を破綻させると大混乱になる」と政府を脅かし』、

『「東電を分割したら電気の供給が滞ります」、
 「東電に賠償を押しつけたら金融危機が起こります」』
(以上、河野太郎氏のブログよりそのまま抜粋)

などと、議員一人一人に面談して訴えるため、
議員会館に日参する東電関係者や官僚達。

若手官僚が作成した(しごくまともに思える)『東京電力の処理策』を
握りつぶす上層部。

いったい、誰のための政治なのでしょうか?


そのうえ賠償策として、消費税率のアップや
電気料金の値上げ案も浮上しています。

だいたい、電気料金や消費税を上げて賠償にあてるとなったら、
被災した方々にとっては、自分の賠償金を自分で負担しているようなものですよね?


電力は一部自由化されていますが、実際は電力会社の独占状態で、
本来これを正すはずの国はといえば、
電力会社から多額の政治献金を受け取っているため黙認です。

日本の電力事情は見直されるべきです。
世界であたりまえのように、日本でも電力会社を自由に選べるようにすべきです。

自分たちの既得利益は手放さず、日本の再生可能エネルギー政策が
世界から遅れているにもかかわらず改革を拒み続け、
自分たちが起こした事故の賠償までも押し付けようとする蛮行を、
私たち国民は絶対に許してはいけないと思います。
PR
・「最後に腹いっぱい餌を…」殺処分決定に養豚農家悲嘆
http://www.47news.jp/news/2011/04/post_20110425122005.html



私たち人間は、畜産動物が身を削って与えてくれる乳や卵、
そして命そのものをいただいて生きています。

その重さ、有り難みが身に染みてわかっているからこそ、
畜産農家の方々は、感謝の気持ちを持って、
家族同然に慈しみ、育てるのでしょう。

それが、一ヶ月以上も無策で放置され、飢餓で苦しんだあげく、
『殺処分』とは・・・


動物たちにも尊厳はあるはずです。

畜産農家の方々の無念はいかばかりか・・・

そして、私たち人間は、なんと傲慢で罪深い生き物か・・・


どうにもやるせない気持ちで胸が張り裂けそうです。




愚かで欲深い人間の罪を背負わされ

絶望の中で『殺処分』される

このもの達の声なき声を

私たちは、決して忘れてはならない。


全てを真摯に受け止め

悔い改めなければ

次に処分されるのは

まぎれもない私たち人間だ。




*****************************

 ●締め切り間近となりました。(4月30日/消印有効)
  ご署名よろしくお願い致します。

 【災害時における避難所と仮設住宅の一部をペット同伴可にするための署名】
   → http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
   『ポチたま』の松本秀樹さんによる『東日本大震災ペット救済プロジェクト』です。


 ●義援金、ボランティアの募集

  【緊急災害時動物救援本部】
   →http://www.jpc.or.jp/saigai/  
「ごめんね…ごめんね…ごめんね…」

白い防護服に身を固め、変わり果てたその子の亡骸を抱えながら、
絞り出すように、何度も何度もそう繰り返して号泣する飼い主さんの姿を、
テレビが映し出していました。

「ペットは連れて行けません」
行政のその一言で置き去りになった、小さな命。

飼い主さんがやっとの思いで戻った自宅で、その子は、
日が差し込むリビングの窓際に横たわり、
ひっそりと亡くなっていました。

ある日突然出て行ったまま帰らない飼い主さんの姿を、
飢えと寒さと恐怖に震えながら、毎日毎日、朝から晩まで、
窓の外の景色に探し求めていたのでしょう。

「ペットは連れて行けません」
行政のその一言で見捨てられた、もの言わぬ命。

そして、一緒に連れて行けなかった、
飼い主さんの苦しみ、悲しみ…。

せめて、

薄れゆく意識の中、その子が見た最期の夢が、
飼い主さんとの幸せな日々でありましたようにと、
願わずにはいられません。



*****************************

 ●ご署名お願い致します。

 【災害時における避難所と仮設住宅の一部をペット同伴可にするための署名】
   → http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
   『ポチたま』の松本秀樹さんによる『東日本大震災ペット救済プロジェクト』です。


 ●義援金、ボランティアの募集

  【緊急災害時動物救援本部】
   →http://www.jpc.or.jp/saigai/   
大人には、

カッコいい大人と

カッコ悪い大人と

カッコだけの大人の

三種類あると思います。


金融機関の理事長として公に『脱原発』を宣言したのは、
大変な勇気が必要だったと思います。

カッコいいです。

*YouTube-城南信用金庫が脱原発宣言〜理事長メッセージ



************************************

 ●ご署名お願い致します。

 【災害時における避難所と仮設住宅の一部をペット同伴可にするための署名】
   → http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
   『ポチたま』の松本秀樹さんによる『東日本大震災ペット救済プロジェクト』です。


 ●ペット用物資、義援金、ボランティアの募集はこちら

  【緊急災害時動物救援本部】
   →http://www.jpc.or.jp/saigai/   

   ■下記の物品に限定して支援物資募集(募集期間は4/20到着分までです)

    ・ケージ
     ※サイズは問いませんが折りたたみのできるもの。
     ※予めきちんと組み立てることができるか確認してからお送りください。
    ・ウンチ袋
    ・ウェットティッシュ(ペットの体を拭くためのもの)
    ・ドライシャンプー
    ・消臭剤


1日午後、気仙沼市の沖合約1.8キロの海上で、がれきの上に乗って漂流していたところを
3週間ぶりに救助された犬が、ニュースを見て名乗り出た飼い主と再会しました。

 ・三週間漂流犬飼い主と再会
 → http://www.youtube.com/watch?v=YxZQBU_-Mi4


迎えにきた飼い主さんを見つけ、
繋がれた首が絞まるんじゃないかというぐらい、
身体全体で喜ぶ犬(バン)の映像に、涙が出ました。

嬉しいね、よかったね。

海の上でも保護センターでも、
頑張ってずっと飼い主さんのこと待ってたんだもんね。

飼い主さんもご無事で、本当によかった。。。


バンちゃんを発見、保護してくれた
海上保安庁のみなさんにも感謝です。

久しぶりに、気持ちがパッと明るくなるニュースでした。


飼い主さんは現在避難所暮らしだそうですが、
「もう二度と離しません、大切に飼います」と仰っていたそうです。

被災したペットと飼い主が、望まないまま
離ればなれにならずにすむように、
下記署名、どうぞよろしくお願い致します。


 ●【災害時における避難所と仮設住宅の一部をペット同伴可にするための署名】
   → http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
   『ポチたま』の松本秀樹さんによる『東日本大震災ペット救済プロジェクト』です。




************************************
 ●ペット用物資、義援金、ボランティアの募集はこちら

  【緊急災害時動物救援本部】
   →http://www.jpc.or.jp/saigai/
   

   サイトの情報によると、おかげさまで全国から救援物資がたくさん寄せられたため、
   物資については募集を一時中断するそうです。(受け入れ準備が整い次第再度募集予定)
   ボランティアと義援金については、引き続き募集しています。

  ※『緊急災害時動物救援本部』とは、

   財団法人日本動物愛護協会
   公益社団法人日本愛玩動物協会
   社団法人日本動物福祉協会
   社団法人日本獣医師会

   で構成されている災害時における動物救援活動組織です。

   残念ながら、動物愛護を掲げる団体の中には、
   義援金や寄付金の詐欺横領、支援物資の横流し等を目的とした悪徳団体

   もあるようです。支援の際には十分お気をつけ下さい。

津波により大きな被害を受けた岩手県宮古市で、
飼い主の女性(83歳)を、いつもの散歩コースとは逆の高台へと一生懸命導き、
津波から守った犬「バブ」(シーズー)がいます。

愛犬、83歳女性救う…散歩コースと逆の高台へ


犬は、人間がかけた愛情と信頼を決して裏切りません。

「バブ」だって、その気なら自分だけさっさと走って逃げられたはずです。

しかし、「バブ」は、ご高齢で歩みの遅い飼い主さんを気づかい、
時に立ち止り、時にふり返りながら、
小さな体で必死に安全な場所へと引っ張っていきました。

おばあさんが普段、「バブ」にどれだけ愛情を注ぎ、
二人(一人と一匹)の絆がどれほど強いかがわかります。

ペット同伴不可の避難所もある中、幸いにも、
おばあさんと「バブ」は、現在近隣の集会所で一緒に生活しています。

しかし、この先は・・・。

共に生きてきて、共に助かった命。
この先もこれまで同様に、一緒に仲睦まじく暮らしてほしいと思います。




ご主人と愛犬『コロ』(柴犬)が津波に飲み込まれ、ご主人だけは遺体で発見。
がれきの中から『コロ』が使っていた毛布を探し出して自宅跡にそっと置き、
せめて、亡くなったご主人が可愛がっていた『コロ』だけでも、
この匂いを頼りに生きて戻ってきてくれたらと願う女性がいます。

「愛犬だけでも」夫なくした女性 仙台


人によっては、言葉の通じない、ただの畜生でも、
人によっては、かけがえのない家族の一員です。

こういう災害において、不幸にも亡くなられた方が大切に飼っていたとしたら、
なおさら、そのペットに対する思い入れは強いのではないでしょうか。

そして、残された家族は、その存在に心癒され、
救われることもたくさんあるのではないでしょうか。

しかし、今の現状では・・・。

どうか『コロ』が無事に戻ってきますように、そして、
もう二度と悲しい別れを余儀なくされずにすむようにと、心の底から願います。




『ポチたま』の松本秀樹さんがリーダーとなり、避難所と仮設住宅の一部を
ペット同伴可にするための署名活動を行っています。

引き続きリンクさせていただきますので、
ご賛同いただける方は、是非、ご署名お願い致します。

 ●【災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
   愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名】
   → http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
   松本秀樹さんによる『東日本大震災ペット救済プロジェクト』です。


 ●【緊急災害時動物救援本部】
   →http://www.jpc.or.jp/saigai/
   サイトの情報によると、おかげさまで全国から救援物資が
   たくさん寄せられたため、物資については募集を一時中断するそうです。
   (受け入れ準備が整い次第再度募集予定)
   ボランティアと義援金については、引き続き募集しています。


  ※『緊急災害時動物救援本部』とは、

   財団法人日本動物愛護協会
   公益社団法人日本愛玩動物協会
   社団法人日本動物福祉協会
   社団法人日本獣医師会

   で構成されている災害時における動物救援活動組織です。

   残念ながら、動物愛護を掲げる団体の中には、
   義援金や寄付金の詐欺横領、支援物資の横流し等を目的とした悪徳団体

   もあるようです。支援の際には十分お気をつけ下さい。
 
天真爛漫が売り?だった我が家の猫ズは、
地震以来神経質になってしまい、

とくにちゃーは、一晩中うろうろ歩き回ったり、
私の姿が見えないと鳴いて探すようになりました。

本能なのか、フードも少しだけ食べ、残りは
埋めて(前足で掻いて埋めるような動作)保存しようとします。

たくさん遊んで、たくさん触れ合い、何にも変わらないことを示して
安心させてあげるのが一番だと思うのですが、
頻繁に余震があることも影響して、なかなか落ち着きを取り戻せません。



被災地には、

飼い主とはぐれ、がれきの山と化した町に取り残された子が
たくさんいます。

原発の避難区域には、

ペットはダメだからと、置き去りにされた子、
鎖につながれたまま、身動きさえとれない子が
たくさんいます。



膝の上で安心したようにスヤスヤ眠る
愛猫の寝顔を見つめながら、

この一連の災害で、

愛するペットと離ればなれになってしまった飼い主さんの悲しみ、

飢えと寒さと地震の恐怖に震えながら、大好きな飼い主さんを探し、
待ち続けるペットらの苦しみを思うと、

切なくて涙が溢れます。



ペットだけではありません。

福島の水族館「アクアマリンふくしま」では、
津波により電気設備が破損し、
非常用電源の燃料である重油も調達できないため、

年間100万人もの来館者を癒し、楽しませてきた魚類、ほ乳類、
爬虫類、両生類、鳥類、熱帯系植物等およそ22万点が絶望的だそうです。

 ・毎日新聞→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000107-mai-soci

災害において、動物達もまた犠牲者です。



大地震から2週間。

たくさんの国、大勢の人が動き、
少しずつですが、色んなことが前に進み始めています。

そして、本当に少しずつですが、
被災地での動物保護、物資、義援金の募集、
ペット可の仮設住宅を求める署名活動なども始まりました。

災害時において、人命がなによりも優先なのは当然のことです。
この状況で、動物保護を声高に言えないのもあたりまえです。
ニュースでも、あまり動物については取り上げられません。

しかし、人命優先のもと犠牲になっている動物達がたくさんいることも、
また現実です。



鍵っ子だった子供の頃からずっと今に至るまで、
私にとってペットは、兄弟であり、友達であり、先輩後輩であり、
同志であり、子供であり・・・いつだって大切な家族です。

今までの人生で、縁あって出会い、私に多くを与えてくれた子らへの
恩返しの意味も込めて、微力ですが、


できることを、

できる範囲で、

やっていきたいと思います。



下記リンクを張らせていただきますので、
よろしければ、ご支援ください。

 ・緊急災害時動物救援本部→ http://www.jpc.or.jp/saigai/
 (物資、義援金、ボランティアの募集等)

 ・【災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
   愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名】
   → http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html


被災した動物が、一匹でも多く助かりますよう、
そして、再び大好きな飼い主さんのもとで幸せに暮らせますように。。。



登場カメ

名前:無有(ムー)
由来:『無から有へ』
種類:リビア地中海リクガメ
好物:みかん、野草
家族:G太、Sちえ、
家族:ちゃー、だい、ちい
趣味:段差クライミング

無有さまより一言
「カメに習うべし!さすれば救われる」

☆'08/6/29 UP!
◆ギリシャリクガメ-無有的日常- 野草、飼育環境等紹介
☆'08/6/17 UP!
◆無有さま日和
フォトアルバム&動画



AQUA LIFE 2008年11月号
『愛好家訪問〜リクガメとの生活』に
紹介されています。


我が家のカメバイブル
でも大切なのは、毎日の観察
と早期受診です。



カメの家庭医学/小家山仁


リクガメの飼い方/吉田誠
(無有が紹介されてます♪)



幸せなリクガメの育て方/田向健一
(無有が紹介されてます♪)



リクガメ大百科/小家山仁


リクガメが100%喜ぶ飼い方遊ばせ方/
ミニペット倶楽部著

ブログ内検索
登場ネコ&ワンコ

名前:chacha /愛称ちゃー
タイ語で「のんびり」の意味
種類:茶トラ短毛(♂)
性格:優しくてしっかり者
好物:煮干し、ビニール袋



名前:daidai /愛称だい
タイ語で「オッケー」の意味
種類:茶白長毛(♂)
性格:物怖じしない天然系
好物:生肉全般、ひも



名前:titi /愛称ちい
仏語で「腕白小僧」の意味
種類:茶トラ白足袋中毛(♂)
性格:甘えん坊でシャイ
好物:鶏ささみ、ゴム



名前:にこ(笑子)
会う人を笑顔にするから
種類:トイプードル(♀)
性格:愛嬌良しの傍若無犬
好物:猫フード、猫にちょっかい出すこと



名前:ふく(福)
福がくるように
種類:トイプードル(♂)
性格:無邪気で空気読まず
好物:食べ物全般、にこにちょっかい出すこと

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
いつでも里親募集中

ペットのおうち









プロフィール
HN:
Sちえ
HP:
性別:
非公開
職業:
カメと猫の下僕
自己紹介:
生き物大好き♪お酒大好き♪ 好きな言葉『和気致祥』。
ご意見、ご質問、ご感想、リンクのご希望等はメールにてお願いします。

バーコード
Copyright ©   無有的日常   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]