忍者ブログ
2013年9月と2015年1月にワンコも仲間に加わりました♪
[1] [2] [3] [4] [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

政治家とは、

『権力欲、名誉欲の固まり』

とよく言われます。

野田首相は、一見すると物腰が低く、
言葉遣いも丁寧でへりくだっていますが、

その実、狡猾で計算高く、『権力欲』と『名誉欲』の
大変強い方のようにお見受けします。


3年前、自民党の長年にわたる癒着政治、 党利党略政治に
辟易した国民は、 『日本の再生』を民主党に期待し、
与党へと押し上げました。

野田さん自身、3年前のその日まで、民主党政権が実現し、
よもや、後に自分が首相として国のトップに立つ日がくるなど、
考えも及ばなかったのではないでしょうか。

ま、だからこそ、好き放題?言えたのだと思いますが。。。
(どんだけ好き放題言っていたかは、こちらをご覧下さい)

 ☆野田首相の詐欺演説(Youtubeより)↓
  『シロアリを退治して働きアリの政治を実現』 
PR
金曜夜の予定が急遽なくなりました。

聞くと、同居人も予定がなくなったといいます。


野田首相が大飯原発再稼働を容認する記者会見を開く折も折、
こんなふうにぽっかり時間が空くというのは、
神様が「行ってこい!」と背中を押してくれたのだと解釈し、

大飯原発再稼働反対デモに参加するため、同居人とともに、
大急ぎで首相官邸前に向かいました。


到着したのは午後7時ちょっと過ぎでしたが、
国会議事堂と首相官邸前の歩道は、

老若男女、会社帰りと思われるスーツ姿の男性、OLさん、
おカマさん、子供連れの方、車椅子の方、外国の方…

ものすごい人で埋め尽くされ、騒然としていました。

その数4000人以上。

プラカードやうちわ、鳴りものを持った人もたくさん。

「再稼働反対!」

皆で声を合わせて叫びます。

 *再稼働宣言『安全神話』吹聴する首相は原子力村の広報部長


なぜ、今、再稼働なのですか?

フクシマの事故はいまだ収束しておらず、検証も終わらず、
関係者は誰も責任を問われていません。

なにを、そんなに急ぐのですか?


★ドイツZDF フクシマのうそ(29分/字幕入り)
http://www.dailymotion.com/video/xpisys_yyyzdf-yyyyyyy_news

海外メディアの報道を見る度、情けなく思う。

なぜ、私たち日本人にはこういう情報が知らされないのか?

なぜ、日本のマスコミにはこういう報道番組が作れないのか?

 
東北大震災から今日で一年です。

一年前の3月11日、

テレビ画面に刻々と映し出される東北の惨状に
言葉を失いました。

あの時感じた、心を押しつぶされるような痛み、
哀しみを、一生忘れることはないでしょう。

地震、津波、原発事故、強制避難…

被災者の方々にとってのこの一年は、
第三者の私には想像を超えるご苦悩の連続であり、

私が稚拙な文章で振り返ることなど
できるわけもありません。

ただただ、亡くなった尊い命のご冥福を祈り、
被災者の皆さまの心の平安を願うばかりです。

そして、震災を風化させることなく、日本が、真に
『命に優しい国』へと新生することを切望します。


今日という日があることに感謝して。。。合掌。




原子力」という、人間が最後までコントロールできない
物質に頼って生きて行く恐怖を味わった今、
再生エネルギーに大きく舵を取らなければ、
子供たちに未来を手渡すことはかなわないと感じています。


先月25日、スイスで催された世界経済フォーラム年次総会
通称「ダボス会議」に、俳優の渡辺謙さんが出席し、
スピーチをされました。

それはそれは心打つスピーチなのですが、日本のほとんどの
メディアは、渡辺氏が、日本人芸能人として初めて
会合でスピーチし、日本人の復興にかける思いと
「絆」の大切さを語ったとだけ報道、

冒頭に紹介した「脱原発」を訴えた部分は
カットされていました。
(東京新聞だけがスピーチの内容全文を掲載)

一部の原発利権に絡む人達が、自分達に都合のいいように
事実をねじ曲げ、偏った報道で世論を誘導しているのが、
日本のマスメディアの現状です。

ある老人が言ったそうです。

「昔は、お上が間違っていると思ったら、
 学生運動でもデモでもやって反対したものだった。
 原発がこんなことになっているのに、今時の若者は、
 デモの一つも起こさない」

いえいえ、起きているんですよ、日本各地で。

マスコミが徹底して報道しないのです。
その事実を隠蔽しているのです。

今回の渡辺氏のスピーチも、日本人の多くは、
「へぇ、日本の芸能人が海外の会合で喋ってきたんだってさ」
ぐらいに思っているのでしょう。

一人でも多くの人に知ってもらうため、
そして、私自身の心に留めておくため、

以下に転載します。

是非、読んで下さい。



【渡辺謙氏 ダボス会議スピーチ全文】

初めまして、俳優をしております渡辺謙と申します。

まず、昨年の大震災の折に、多くのサポート、メッセージを
いただいたこと、本当にありがとうございます。

皆さんからの力を私たちの勇気に変えて
前に進んで行こうと思っています。

私はさまざまな作品の「役」を通して、これまでいろんな
時代を生きて来ました。日本の千年前の貴族、五百年前の武将、
そして数々の侍たち。さらには近代の軍人や一般の町人たちも。

その時代にはその時代の価値観があり、人々の生き方も変化して
きました。役を作るために日本の歴史を学ぶことで、さまざまな
ことを知りました。ただ、時にはインカ帝国の最後の皇帝
アタワルパと言う役もありましたが…。

その中で、私がもっとも好きな時代が明治です。
19世紀末の日本。そう、映画「ラストサムライ」の時代です。

260年という長きにわたって国を閉じ、外国との接触を
避けて来た日本が、国を開いたころの話です。

そのころの日本は貧しかった。
封建主義が人々を支配し、民主主義などというものは皆目
存在しませんでした。人々は圧政や貧困に苦しみ生きていた。
私は教科書でそう教わりました。

しかし、当時日本を訪れた外国の宣教師たちが書いた
文章にはこう書いてあります。

人々はすべからく貧しく、汚れた着物を着、家もみすぼらしい。
しかし皆笑顔が絶えず、子供は楽しく走り回り、
老人は皆に見守られながら暮らしている。

世界中でこんなに幸福に満ちあふれた国は見たことがない、と。

それから日本にはさまざまなことが起こりました。
長い戦争の果てに、荒れ果てた焦土から新しい日本を築く
時代に移りました。

私は「戦後はもう終わった」と叫ばれていたころ、1959年に
農村で、教師の次男坊として産まれました。

まだ蒸気機関車が走り、学校の後は山や川で遊ぶ暮らしでした。
冬は雪に閉じ込められ、決して豊かな暮らしではなかった
気がします。

しかし私が俳優と言う仕事を始めたころから、今までの
三十年あまり、社会は激変しました。携帯電話、
インターネット、本当に子供のころのSF小説のような
暮らしが当たり前のようにできるようになりました。

物質的な豊かさは飽和状態になって来ました。
文明は僕たちの想像をも超えてしまったのです。
そして映画は飛び出すようにもなってしまったのです。

そんな時代に、私たちは大地震を経験したのです。

それまで美しく多くの幸を恵んでくれた海は、多くの
命を飲み込み、生活のすべてを流し去ってしまいました。

電気は途絶え、携帯電話やインターネットもつながらず、
人は行き場を失いました。

そこに何が残っていたか。何も持たない人間でした。

しかし人が人を救い、支え、寄り添う行為がありました。
それはどんな世代や職業や地位の違いも必要なかったのです。
それは私たちが持っていた「絆」という文化だったのです。

「絆」、漢字では半分の糸と書きます。
半分の糸がどこかの誰かとつながっているという意味です。

困っている人がいれば助ける。
おなかがすいている人がいれば分け合う。
人として当たり前の行為です。

そこにはそれまでの歴史や国境すら存在しませんでした。
多くの外国から支援者がやって来てくれました。
絆は世界ともつながっていたのです。

人と人が運命的で強く、でもさりげなくつながって行く
「絆」は、すべてが流されてしまった荒野に残された
光だったのです。

いま日本は、少しずつ震災や津波の傷を癒やし、
その「絆」を頼りに前進しようともがいています。

国は栄えて行くべきだ、
経済や文明は発展していくべきだ、
人は進化して行くべきだ。

私たちはそうして前へ前へ進み、上を見上げて来ました。
しかし度を超えた成長は無理を呼びます。

日本には「足るを知る」という言葉があります。
自分に必要な物を知っていると言う意味です。

人間が一人生きて行く為の物質はそんなに多くないはずです。
こんなに電気に頼らなくても人間は生きて行けるはずです。

「原子力」という、人間が最後までコントロールできない
物質に頼って生きて行く恐怖を味わった今、
再生エネルギーに大きく舵を取らなければ、
子供たちに未来を手渡すことはかなわないと感じています。

私たちはもっとシンプルでつつましい、
新しい「幸福」というものを創造する力があると信じています。

がれきの荒野を見た私たちだからこそ、今までと違う
「新しい日本」を作りたいと切に願っているのです。

今あるものを捨て、今までやって来たことを変えるのは
大きな痛みと勇気が必要です。
しかし、今やらなければ未来は見えて来ません。

心から笑いながら、支え合いながら生きて行く日本を、
皆さまにお見せできるよう努力しようと思っています。

そして、この「絆」を世界の皆さまともつないで行きたい
と思っています。



*東京新聞2012年1月26日
渡辺謙さん、ダボス会議でスピーチ 原子力からの転換訴える』より転載


ツイッター経由で知ったブログです。
南相馬市在住の方が書かれています。

東電に牛耳られているマスゴミは、決して取り上げない

真実の声です。
悲痛な叫びです。

一人でも多くの方に、この現実を知っていただきたく、
記事を転載します。

ツイッターをしている方も、していない方も、
どうか、読んで、拡散してください。

これが、今の日本です。


以下、『ぬまゆのブログ』さんより記事二部転載。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011/12/17(土) 午後 3:46
『日々、変わる 体調 ・・・ どうにもならない 南相馬市 ・・・ 』


昨日は、さんざんでした。

立っていても、座っていても 「 めまい 」 が します。

今日も、同じですが ・・・

ゆうべ、お風呂で、シャンプーした 後、
手ぐしで、髪を ほぐしたら、

髪が ・・・
「 束 に なって 」 抜けました。

しばらく、呆然と 立ち尽くしてしまいました。

長かった 髪は、 2週間 ほど 前に、
ばっさり 切りました。

少しでも、抜け毛を 減らしたくて ・・・

外出する 時には、
ウイッグ ( 長髪の カツラ ) を 着けています。

「 前髪 」 も、わずかしか、ありません。
「 生えぎわ 」 が、くっきりと 見えます。

あんなに 「 たくさんあった 髪 」 が、
たった 9ヶ月で、こんなに、無くなってしまうとは ・・・

そして、風呂上がりに、足に 違和感を 感じて、
「 爪」 を 見ると ・・・

ほとんどの 足の 「 爪 」 が、
デコボコに 欠けていました。

爪切りで、切りそろえよう とした 瞬間、自分の目を 疑いました。

両足の 「 人差し指 の 爪 」 が、
2つ とも ・・・

根元から、そっくり 外れかかって いて ・・・
触ったら、外れました。

いまは、絆創膏 で、わずかに くっついている 爪を、覆っています。


今日、歯科医院に 行きました。

去年まで、あんなに 元気だった 受付の方が、
「 疲れ切った 表情 」 を していました。

「 声 」 も、やっと 出しているような感じで、痛々しかった ・・・

「 子どもたち 」 にも、元気が ありません。

以前のように、はしゃがなく なりました。

日本政府は、「 冷温停止 【 状態 】 」 と、発表しましたが、
そんな 「 言葉 」 は、ありません。

「 冷温停止 」 か 「 否 」 か ・・・ なのです。

文系の 狡猾な 【 詭弁 】 です。

「 状態 」 などという 言葉を つけて、あたかも、
【 第2 ステップ 】 が、終了したような 「 発言」 ・・・。

「 本来の 【 冷温停止 】 」 とは、
【 循環注水冷却 】 を しなくても、
【 燃料棒が、20℃ に 下がったこと 】 を 言います。

ある、「 経済学 の 学会 」 が、
福島県 で、開催される 予定だったのが、
【 危険 だから 】 ということで、
「 他県で 実施する 」 ということに なりかけています。

南相馬市 は、南の 「 小高区 」 が、
【 立ち入り禁止 エリア 】 から、外されようとしています。

しかし、【 避難勧奨地域 】 に 指定されなければならない
「 深野 地区 」 には、何の 指示も ありません。

雨どい で、20 マイクロシーベルト を 超える 地域です。

猶予されていた 「 住民税 」 ・ 「 車税 」 などが、
一気に 請求され始めました。

「 猶予 」 など、初めから しなければ、
こんなに、【 多額の 税金 】 を
数ヶ月にわたって 支払う 「 必要 」 は、なかったのです。

通常通り、請求してくれていたら、何の問題も ありませんでした。

すべてが、「 後から、請求される 」 状態 に 陥っています。

生活だけでも、 やっとの 世帯 が、
月に 【 5 万円 以上 もの 税金 】 を、支払っていけますか ?

日本政府 の やり方は、すべてが、メチャクチャ です。

そもそも、【 支払い 猶予 期間 】 と言っても、結局、
いつかは、【 支払い義務 】 が、発生するのです。

それを、「 雪だるま式 」 に 膨らませて、どーするんですか ?

南相馬市 民 は、これから、いったい、どうすれば ・・・

「 土地評価額 」 まで果てしなく 【 ゼロ 】 に、近づいて ・・・

わたくしたちの 将来設計 は、一瞬で、
【 泡 】 と 化しました。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2011/12/17(土) 午後 7:15
『すべてを 奪った 原発事故 ・・・ 』


「 一家 離散 」 ・・・

財産も ・・・
土地の 地価も ・・・
健康も ・・・

原発事故 は、すべてを 奪いました。

【 一家心中 】 してしまった 家族や、

【 離婚 】 してしまった 夫婦も 数知れず ・・・

わたくし など、まだ、マシ な 方です。

しかし、
【 夫の いない 生活 】 は ・・・

わたくし に とって、
【 孤独 】 と 同じです。

たった、2人 きりの 家族ですから ・・・

最近、身体の自由も きかず、

しかも、夫の 身を 案じながら ・・・

広い家で、孤独と 闘っています。

いままでは、動けていたのに ・・・

身体が、いうことを ききません。

話をするのも しんどい 状態 です。

3.11 直後、日本政府 は、言っていましたね。

【 ただちに、健康に 影響は ありません 】 と ・・・。

確かに、夏までは、元気でした。

夏までは、何の 症状も ありませんでした。


全国の 原発 を、いますぐに、止めてください。

みなさま、こんな風に、なりたいですか ?

細野大臣が、原発事故の 施設内で、会見しています。

2 ~ 3 度、 施設内に 入って
独特の 【 パフォーマンス 】 を しているようですが、
冷笑 に 値します。

そして、 こともあろうに、こう言いました。

【 原発事故 付近の 住民を 「 帰宅させられる 」 ように、
「 除染 」 に 入る ・・・ 】 と。

誰が、帰宅しますか ?

この 状況で ?

廃炉までは、これから、「 40 年 」 かかるのです。

その間に、大地震 が ないと、言えますか ?

台風 ・ 竜巻 ・ 自爆テロ ・ 隕石の落下 ・・・

【 何も なければ 】 が 【 条件 】 なのです。

どうして、そこまでして、【 帰宅 】 を 迫るのでしょう ?

日本経済が、逼迫しているからですか ?

「 生命 」 よりも 「 経済 」 ですか ・・・

どこかで、再び、【 原発事故 】 が、起きたら ・・・

みなさま、
【 「 フクシマ 」 のような 扱い 】 をされるのですよ !

すべての原子力発電所 を、止めてください。



これほどの国難を引き起こしたにもかかわらず、
ボーナスは満額支給。

確たる根拠もないのに、除染も賠償も復興も進まない中で、
政府とグルになって、とにもかくにも冷温停止&事故収束宣言。

「収束したからには今後の合同記者会見を廃止します」
と、国民の知る権利も無視し、ついでにこちらも終了宣言。

あげく、環境大臣が記者会見を途中退席したどさくさに紛れて、
同席していた社長もなぜかとんずら。

 「冷温停止」 最後の合同会見で世紀の大ウソ(田中龍作ジャーナル)
 
  
海にどれだけ放射性物質を垂れ流しても、『緊急事態』を理由にすれば、
流出量は、今までも今後も『ゼロカウント扱い』でオッケー。

 *保安院 海への汚染水、ゼロ扱い 「緊急」で法適用外(東京新聞)
 
 
大気中に飛び散った放射性物質については、

『原発から飛び散って他人の土地に付着した放射性物質は『無主物』
 (漂う霧や海で泳ぐ魚と同様に誰のものでもないという意味らしい)であり、
 東電の所有物ではないため、東電には責任も除染の義務もない」

と、有力弁護団に意味不明の主張をさせ、

 *プロメテウスの罠 無主物の責任(1)朝日新聞
   
 *トンデモ裁判、呆れた論理 東電弁護団それを言っちゃあ、おしめえよ
「セシウムは誰のものでもない!だから除染の責任はない」だって(現代ビジネス)

  

管理がずさんで、事故が人災なのは火を見るより明らかなのに、

検察は一切動かず、

政府には擁護され、

大手マスメディアも追求しない。



そりゃそうさ、天下りの受け入れ、多額の献金に寄付金…
こういう時のために、御上やお役人、マスゴミには、今まで
うーんといい思いをさせてきたんだもの。

原発地域だって、莫大な交付金受け取って、道路整備に温泉施設に
プールに医療施設にと、これまでずいぶん恩恵受けてきたでしょうが。

総理大臣が世界に向けて事故の収束を宣言したことだし、
面倒な合同記者会見もやらなくてよくなったし、まずはやれやれだ。

あとは鬱陶しい世論が冷めるのを待って、徐々に原発再開といきますか。

え、自然エネルギー?発送電分離?

経済界をはじめ、学会も、マスコミも、
この国では、誰も表立って後押しはしないですよ。

そのへんは、前々からぬかりなく根回ししてありますからね。

なんやかんやいっても、日本の電力供給は我々の独占下にあるようなもんですから、
みんな、頼らざるをえないでしょ?

あ、言っときますけどね、原発再開させなかったら電気代値上げしますからね。

 原発停止なら電気料金値上げ検討も…電事連会長(読売新聞)


。。。。。。。。


東電の高笑いが聞こえる。。。。。





それでも、


御上がとがめなくても、
お役人が見方しても、
マスゴミが東電の犬と成り下がっても、


私たちは決して許さない。


あんたらがぬくぬく生きている陰で、ある日突然、
故郷を追われ、仕事を失い、家族が離散し、ささやかな日常を奪われて
今もなお、苦しい生活を強いられている人々がいる。


私たちは絶対に忘れない。


ある日突然、警戒区域に置き去りにされ、自由を奪われ、
飢えに苦しみながら絶望の中で死んでいった、または、殺処分された、
数多くのもの言わぬ命がある。

 福島を忘れないために(HOSHI FAMILY)



この国は、変わらなければならない、

いや、きっと変わる、変えてみせる。



最後に。。。



おまいら、日本国民をなめんなよ!!凸(-_-メ) Fuck You!!

 金正日に救われたドジョウ総理(田中龍作ジャーナル)



登場カメ

名前:無有(ムー)
由来:『無から有へ』
種類:リビア地中海リクガメ
好物:みかん、野草
家族:G太、Sちえ、
家族:ちゃー、だい、ちい
趣味:段差クライミング

無有さまより一言
「カメに習うべし!さすれば救われる」

☆'08/6/29 UP!
◆ギリシャリクガメ-無有的日常- 野草、飼育環境等紹介
☆'08/6/17 UP!
◆無有さま日和
フォトアルバム&動画



AQUA LIFE 2008年11月号
『愛好家訪問〜リクガメとの生活』に
紹介されています。


我が家のカメバイブル
でも大切なのは、毎日の観察
と早期受診です。



カメの家庭医学/小家山仁


リクガメの飼い方/吉田誠
(無有が紹介されてます♪)



幸せなリクガメの育て方/田向健一
(無有が紹介されてます♪)



リクガメ大百科/小家山仁


リクガメが100%喜ぶ飼い方遊ばせ方/
ミニペット倶楽部著

ブログ内検索
登場ネコ&ワンコ

名前:chacha /愛称ちゃー
タイ語で「のんびり」の意味
種類:茶トラ短毛(♂)
性格:優しくてしっかり者
好物:煮干し、ビニール袋



名前:daidai /愛称だい
タイ語で「オッケー」の意味
種類:茶白長毛(♂)
性格:物怖じしない天然系
好物:生肉全般、ひも



名前:titi /愛称ちい
仏語で「腕白小僧」の意味
種類:茶トラ白足袋中毛(♂)
性格:甘えん坊でシャイ
好物:鶏ささみ、ゴム



名前:にこ(笑子)
会う人を笑顔にするから
種類:トイプードル(♀)
性格:愛嬌良しの傍若無犬
好物:猫フード、猫にちょっかい出すこと



名前:ふく(福)
福がくるように
種類:トイプードル(♂)
性格:無邪気で空気読まず
好物:食べ物全般、にこにちょっかい出すこと

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
いつでも里親募集中

ペットのおうち









プロフィール
HN:
Sちえ
HP:
性別:
非公開
職業:
カメと猫の下僕
自己紹介:
生き物大好き♪お酒大好き♪ 好きな言葉『和気致祥』。
ご意見、ご質問、ご感想、リンクのご希望等はメールにてお願いします。

バーコード
Copyright ©   無有的日常   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]