忍者ブログ
2013年9月と2015年1月にワンコも仲間に加わりました♪
[679] [678] [677] [676] [675] [674] [673] [672] [671] [670] [669
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8月6日、広島は67回目の原爆の日を迎えました。

「核と人類は共存できない」

昨年に引き続き、広島市の松井市長が平和宣言の中で
述べたこの言葉は、我が国における反核運動の第一人者、
元原水爆禁止日本国民会議議長、故森滝市郎さんの言葉です。


森滝さんは広島出身、自身も原爆で右目を失いました。

戦後は、自らの被爆体験を語り、被爆者と原爆孤児支援、
核廃絶運動に、まさに私利私欲を捨てて半生を捧げ、
『反核の父』とも称されました。

また、核実験が行われるたびに、
原爆慰霊碑前に無言で座り込む姿は、
被爆都市ヒロシマの象徴として世界に広く知られ、

その座り込みは、1962年に開始して以来92歳で亡くなる
前年の1993年まで続き、475回にも及びました。


a9331.jpg















ところが、その森滝さんも、運動当初は『核の平和的利用』に
バラ色の未来を望んだことがあるといいます。

その被爆体験があまりに悲惨であったからこそ、

『あれほど恐るべき力が、もし平和的に利用されるとしたら、
 どんなにすばらしい未来が開かれることだろうか』

と考えたと…。
 

1956年8月、日本原水爆被害者団体協議会の結成宣言草案に、

『破滅と死滅の方向に行くおそれのある原子力を決定的に
 人類の幸福と繁栄の方向に向かわせるということこそが、
 私たちの生きる限りの唯一の願いであります』

そう自らの手で刻んだ森滝さんでしたが、
1961年のソ連(当時)による核実験再開宣言に端を発し、
原子力の軍事利用は否定し、平和利用は肯定する
という考えに矛盾を感じ始め、

『もう一度、問題を真剣に学習し直し、
 自然科学的観点からみても、国民を啓蒙できる
 知識と能力を備えつけなければならない』と、

反核を訴えるための世界一周旅行の中で、各国の学者を訪ね、
意見を聞いたり資料を集めたりしました。

その過程で、ウラン採掘から放射性廃棄物の処理に至るまで
最大の放射能公害と環境破壊を引き起こす原発、
再処理工場の危険性を認識、

『軍事利用ノー、平和利用イエス』から、
『軍事利用ノー、平和利用もノー』へと

その思考を変化させ、ついには、

1975年の被爆三十周年原水禁大会における基調演説で、
「核と人類は共存できない」と訴えた
『核絶対否定』へと至ったのです。


ヒロシマ、ナガサキから66年、
チェルノブイリから25年目の昨年、
森滝さんの訴えは、現実のものとなってしまいました。

平和記念式典に参列した野田首相は、これまで通りの
「中長期的な脱原発依存」という方針を
原稿に目を落としたまま早口に読むだけで、
相変わらず、あの人の言葉には何一つ心が感じられません。

ヒロシマ、ナガサキで人類未曾有の惨禍を経験し、
去年、フクシマでチェルノブイリに次ぐ原発事故を
引き起こした日本国は、そして私達日本人は、
未来を見据え、核とどう向き合っていくべきなのか?

今一度、森滝さんの言葉を胸に刻みたいと思います。



1975年の被爆三十周年原水禁大会における
森滝さんの演説『核絶対否定』より。


平和利用という名の核エネルギー利用が
決してバラ色の未来を約束するものではなくて、
軍事利用と同様に人類の未来を失わせる
ものではないか
ということであります。


つまり、平和利用という名の原子力発電から生ずる
プルトニウムは、いうまでもなく長崎型原爆の材料で
ありますから、軍事利用に転用される可能性がある
ことは
明白であります。


またプルトニウムは、半減期二万四千年という
もっとも毒性の強い放射性物質でありますから、
まことにやっかいきわまるものであります。

しかも、それは天然自然にあるのではなく、
全く人工的に生産されるものであります。

ですから、
原子力発電がたとえ安全であるとしても、
そこでは多量のプルトニウムと放射性廃棄物が
生産される
のであります。

しかも、その
放射性廃棄物の究極的処理の道は
まだ解決されておらず、解決の見込みもない
といわれています。

こんな状態で、人類のエネルギー源は
核分裂エネルギーに求めるほかないといって
原子力発電所をこぞってつくり、

そこからプルトニウムと放射性廃棄物を莫大に出し続ける
ということになれば、そのゆきつくところは
どういうことになりましょうか。

核分裂エネルギーに頼り続けたら、
この地球全体がプルトニウムや放射性廃棄物の故に
人類の生存をあやうくされるのであります。

私たちは今日まで核の軍事利用を絶対に否定し続けて
来ましたが、いまや核の平和利用と呼ばれる
核分裂エネルギーの利用をも否定しなければならぬ
核時代に突入したのであります。

しょせん、
核は軍事利用であれ平和利用であれ、
地球上の人間の生存を否定するものである

と断らざるをえないのであります。


結局、核と人類は共存できないのであります。

共存できないということは、


人類が核を否定するか、
核が人類を否定するか


よりほかないのであります。

われわれは、あくまで核を否定して
生き延びなければなりません。

核兵器を絶対否定してきた私たちは、
平和利用をも否定せざるをえない核時代に
突入しているのであります。

『核兵器絶対否定』を叫んできた私たちは、いまやきっぱりと
『核絶対否定』の立場に立たざるをえないのであります。


『平和利用』という言葉にまどわされて
『核絶対否定』をためらっていたら、
やがて核に否定される
でありましょう。

くりかえして申し上げます。


核分裂エネルギーを利用する限り、
 人類は未来を失うであろう
と。


(『核絶対否定への歩み』 森瀧市郎 渓水社より抜粋)
http://www.gensuikin.org/data/mori1.html




PR
登場カメ

名前:無有(ムー)
由来:『無から有へ』
種類:リビア地中海リクガメ
好物:みかん、野草
家族:G太、Sちえ、
家族:ちゃー、だい、ちい
趣味:段差クライミング

無有さまより一言
「カメに習うべし!さすれば救われる」

☆'08/6/29 UP!
◆ギリシャリクガメ-無有的日常- 野草、飼育環境等紹介
☆'08/6/17 UP!
◆無有さま日和
フォトアルバム&動画



AQUA LIFE 2008年11月号
『愛好家訪問〜リクガメとの生活』に
紹介されています。


我が家のカメバイブル
でも大切なのは、毎日の観察
と早期受診です。



カメの家庭医学/小家山仁


リクガメの飼い方/吉田誠
(無有が紹介されてます♪)



幸せなリクガメの育て方/田向健一
(無有が紹介されてます♪)



リクガメ大百科/小家山仁


リクガメが100%喜ぶ飼い方遊ばせ方/
ミニペット倶楽部著

ブログ内検索
登場ネコ&ワンコ

名前:chacha /愛称ちゃー
タイ語で「のんびり」の意味
種類:茶トラ短毛(♂)
性格:優しくてしっかり者
好物:煮干し、ビニール袋



名前:daidai /愛称だい
タイ語で「オッケー」の意味
種類:茶白長毛(♂)
性格:物怖じしない天然系
好物:生肉全般、ひも



名前:titi /愛称ちい
仏語で「腕白小僧」の意味
種類:茶トラ白足袋中毛(♂)
性格:甘えん坊でシャイ
好物:鶏ささみ、ゴム



名前:にこ(笑子)
会う人を笑顔にするから
種類:トイプードル(♀)
性格:愛嬌良しの傍若無犬
好物:猫フード、猫にちょっかい出すこと



名前:ふく(福)
福がくるように
種類:トイプードル(♂)
性格:無邪気で空気読まず
好物:食べ物全般、にこにちょっかい出すこと

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
いつでも里親募集中

ペットのおうち









プロフィール
HN:
Sちえ
HP:
性別:
非公開
職業:
カメと猫の下僕
自己紹介:
生き物大好き♪お酒大好き♪ 好きな言葉『和気致祥』。
ご意見、ご質問、ご感想、リンクのご希望等はメールにてお願いします。

バーコード
Copyright ©   無有的日常   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]